俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

二人の愛が最高潮になったら、分離!?

彼女と逢えない日々が続き、仕事も体のデトックスやストレッチもやる気が起こらない。

このブログの更新もペースダウンしてきた。


相手がツインであるか、ツインでないか?

それは出逢った人それぞれが感じた事がすべてだと思う。とは言え、ツインに最初に出逢ってから確信に至るまでの間悩み苦しんだ時、インターネットで検索しまくった様に、その後も相手との葛藤があった時に、ツインブログ諸氏の腑に落ちる文章を見つけては、妙に納得しホッとしたものだ。


今だってそうだ。春分の日を境にツインの波動!?潮目!?が変わったらしいのだが、俺にもやって来た、その1週間後の彼女との突然の別れ。

後日見た別の人のブログによれば、二人の分離はお互いの愛がこれまでの最高潮に高まった時に突然「プツっ!」とぶった切る様に訪れるのだとか!『ツインレイの二人に恋愛感情は要らぬわ!』とでも言いたげに!?(ツインレイの愛は究極の愛なのだから、この世に男と女として別れて生まれて来たのだ、相手を心底求めるのは当たり前だと俺は思う‼)


初めて二人きりで会う約束を交わした時、彼女は何の無理もなくいつもデートしている恋人のような口ぶりだった。俺は長年の夢が叶い、とても嬉しかった!邪魔者がいない土地で、最初で最後のチャンスだった。今思えば、あれが俺とあの娘の現時点での"最高潮"だったのだろう。結局前日になっても連絡は来ず嫌な予感がして、当日の朝になっても連絡は来ず…ぶちギレたメールを俺が送り、The END!絵に描いたような"天国から地獄"だった。最後に電話した時彼女は怒りなのか、ショックなのか感極まっていた。以後音信不通――。

彼女が偽ツイン(嫌な言葉だね)だとしたら、もう2度と逢えないんだろう。たとえ何処かで会えたとしても、彼女が目覚めていなければそんなもの無意味だ。

この苦しみの後に、本当のツインレイと出逢えるのだとしたら、楽しみではある。

でも俺の直感で、彼女を超える"ときめく女"はこの世には い・な・い。

後はまるで"消化試合"の人生!?

俺はこの年齢になって何故、こんな体験をしなければならないんだろうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。