俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

魂の"じゃれ愛"?

ある日の残業前の休憩時間、ジュースを買おうと、俺は自販機の前に立つ。すると、彼女がツツツーっと小走りに俺の横へ。俺の左腕に"押しくらまんじゅう"するみたいに自分の右腕をぶつけてきた。瞬時に俺もそれに応えた。ポーン・ポーン・ポーン!とリズム良く3回当てた。二人とも「あぁ、楽しいなぁ!」と心が弾んでいた。エネルギー交換していたのかな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。