俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

パラレルワールドみたいな…

俺は昔から人間関係などで嫌な事があると、「南の島で暮らせたらいいだろうな!」と現実逃避したくなる癖があった。

南の島は俺にとって"パラレルワールド"に見えた。で実際に6年前に離島に行った事もある。美しい島ではあったが、"パラレルワールド"であるはずがなく、地元に舞い戻る(笑)

しかし、戻ってからも俺にとってその島は"パラレルワールド"に思えた。今の何一つ思い通りにならない、嫌な自分を忘れさせてくれる気がした。だからずっと大好きな島だった。――――


でも彼女に出逢ってから、あの島への興味が薄れてきた。彼女と離ればなれになった今、またぞろ"病気"が再発するのか?……

いや、それはもうない。

例え今生あの娘に逢えなくても、俺は"今"を自分なりに生きなければならないのだ。恥ずかしながら、この歳になるまで「観念」する気持ちになれなかった。こんな弱い俺がこう思える様になったのは、かけがえのない女性に出逢えた安心感のお陰なのだろうか?俺が彼女と出逢って、変化した事のひとつだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。