俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

俺が先に気づいた?

彼女が俺のツインかもしれないと思ってからも、腑に落ちない点もあった。それは多くのツインブログにあった『男がランナー、女がチェイサー』という点。少なくとも顕在意識では、俺が先に気づき彼女に気づいてほしいと促している。これはどういう事か?すると、あるブログに『ツインレイ』の男性はサイキック(敏感)だから女性より先に気づく、とあった。このタイプの男性はその人曰く『生まれつきとっても高尚で高潔』なんだとか。『小さい頃から感覚が大人過ぎて周りから浮いた存在だったり、馴染めなかったりして孤独感や苛立ちを抱えやすかったはず…』とある。

たしかに子どもの頃の俺は大人びてはいなかったが、どこか冷めていて少し変わったヤツだった(笑)学校でみんながワーッと騒いで笑っている時に「何がおかしいんだ?」と一人だけ思っていたりね!

また『世間一般とは周波数が合わず、苦労も多い』とか。『俺、何の為に生きているんだろう』と悩む事もしばしば。

でもツインレイの女性に出逢った瞬間、男性は『生きることの本当の意味を見出だす』んだとか。

彼女に出逢って「あぁ、生きててよかった~」って思ったのはたしかだ。「やっと俺の時代が来た!」って思ったよ、その時は!

でも、顕在意識では俺が先でも、潜在意識では彼女が先のような気がしてならない。二度に渡って俺に強い視線を送って来た彼女のあの行動。それは俺の顔が独特で気になったから?、あるいは小さい子どもの様にジーっと人の顔を見る癖のある娘だから見ただけなのか?他の人達もそういう事は一度や二度あるのに、俺が今まで一度もなかっただけなのか?…誰かに訊きたいけど、誰も教えてくれない。ってか、やっぱりほとんどの人がこんな体験した事ないんだろう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。