俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

回顧録⑥(彼女のやさしさ)

俺は他の男と話している彼女に対して、「嫉妬してイライラする」ことを伝えた。本来なら旦那でも彼氏でもないこの俺に、そんな事を言われる筋合いはないのだ。数日後だったか、


「なるべく口利かんようにしとるから!」


と彼女は俺に言ってくれた!俺に配慮してくれて、とても思いやりのある人だと思った。

俺は引っ込み思案で慎重な性格だけど、すきな女の人にはちゃんと想いを伝えるタイプだ。正反対に彼女は自分の感情をハッキリ出すのが苦手。きっと色々な感情が内部で蠢いていたんだろう。俺としてはもっとこちらに感情をぶ・つ・け・て・欲しかった!でもそれをすると、俺に対して(恋愛感情はともかく…)何か不思議な、特別な感情を抱いていることを認めてしまうことになるから、とてもできないってことかな!?


~~~~

彼女の名前、ある言語で"愛してる"って意味だった!『"愛し、愛される"ために生まれてきた!』

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。