俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

もう逢えないのかな…

彼女のことを想わない日はない。テレビで綺麗な女の人を見ても、すぐにあの娘と比べてしまう。

でも最近、少しずつ俺の中で彼女が薄れてきている。もう二度と逢えないのかな?

ツインブログで、「ツインの相手に執着している間は再会できない」とか、「自分と向き合わないと再会できない」とか言われている。

仮にそうだとして、そのことに一体何の意味があるのだろうか?世の中のほとんどの人達は、ツインなんか知らないし、全く関係なく暮らしている。なのに、ごく一部の人だけ、何故にこんなにも自分と向き合い続けなければいけないのか?

彼女と俺は今、違う職場で働いている。でもある駅でいつもニアミスしている。俺がいつも通る駅の近くを毎朝1時間遅れて通っている(はず)。彼女、俺がいたかつての現場に戻っているらしい。俺なんかもう知らない存在になっているのかな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。