俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

ツインレイじゃなかったとして…

もう以前ほど、彼女のことを強く思わなくなった。もしかしたらツインでもなんでもないのかもしれない。

でも、彼女と指を触れあった時の吸い付く様な感覚や、見つめ合った時のとろける様な幸せな感覚は一生、忘れない‼

○○ちゃん、貴女は何があっても何も無くても、この俺にとって唯一無二の存在であることは決して変わらないよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。