俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

都合の良い(悪い?)夢

最近は彼女のことを想う回数がずいぶん減った。彼女以外にも魅力的な女の人はいる。たとえ僅かであっても、自分からチャンスを逃すみたいに心を閉ざしてはいけないと。

実際、ツラい気持ちは感じなくなった。

それなのに…

昨日の夢――ある場所で彼女を見かけた。話しかけたかったが、すぐに見失った。「あ~ぁ!」と落胆していると、後ろから誰かが抱きついてきた。「!この感触は!」と、振り返ろうとした瞬間、ハッと目が覚めた――


せっかく3年8ヶ月の想いを断ち切ろうとしていた所なのに…🌀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。