俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

去年の今頃は…

彼女との"何か"を期待して、邪魔者がいない彼女の地元で働いた3ヶ月弱。彼女の生まれ育った街は、都会過ぎず田舎過ぎず、短い間だったが暮らしやすい街だった。(仕事は俺に合わなかったが…😅)

彼女は少し遅れて"帰って"来た。仕事前や終業後しか話す時間はくれなかった。やっと会話できても、「じゃあ次は1ヶ月後くらいに!」なんて言われる始末😓それはまるで俺が何故この土地へやって来たのか全て分かっていて、俺を警戒しているようでもあった。普段は仕事中にはしていなかった、結婚指輪💍をちらつかせたりして…⤵(もっとも、「言い寄って来る男に気をつけて!」と助言したのはこの俺だ!😅)

俺は一体何しに此処へ来たのか?と時にイライラしながら、帰り道自転車🚲をこいでいた。そう、ちょうど去年の今頃……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。