俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

それでも好きなあの人(時々憎たらしい!)

小笠原・父島の話は完結していないけど、またいつか。

あの娘と音信不通になってちょうど1年。

結局何も変わらない。忘れることも出来ない。彼女はツインレイじゃないのかな?プレ・ツインなのかな?だとしたら、もうそろそろ「本物」のツインレイが現れてもいいんじゃね?


思えば3年10ヶ月前――。彼女と出逢った頃、俺はまだツインソウル・ツインレイなんて全く知らなかった。彼女は彼氏の後を追って他所の地方から俺の職場に転勤して来た。初めて一対一で会話した時、何の前置きもなく、彼女は「(…でね!)~」みたいな感じで俺に話しかけてきた。人見知りするタイプの俺は、一瞬戸惑ったが普通に話し始めた。会話が終わり、彼女の後ろ姿を見た時、何故か「俺この人、知ってる!」と思った。それと同時に「この人にあまり近づいてはいけない」「関わってはいけない」と思った。でも、それからというもの、俺は彼女に釘付けになってしまった。

今は違う職場だが、この4月からあの娘の旦那が俺の職場に転勤して来た。彼女もまた後を追って来るのか?逢いたいけど、何も変わらない彼女には逢いたくはない。仕事も合わないし、そろそろ潮時かな?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。