俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

もとい…!

最近このブログに出てくる、キレイな彼女。やっぱり、普通にキレイなひとだった😅

視線を感じて見つめ返しても、ただそれだけで、その後会話をしようと話し掛けても、後が続かない。別の日の帰り際にすれ違っても挨拶すらしてこない。もういいわ~💦しんどいだけ。



見つめ合ったら、一瞬どこにいるのか分からなくなり、時間が止まり"無"の感覚になり、俺の目の前から消えた、ツインレイの彼女。


やはり、あんな経験は後にも先にも彼女以外あり得ないのだ。

ツイン彼女との間に起こった、数々の不思議な出来事。それらの事をもってしても、彼女が俺のツインレイであるかは他の誰にも分からない。同時にまた、ツインレイでないという証明もこの世の誰にも出来ない。


当事者本人達が感じた事が全て。


忘れようとしても、決して忘れることの出来ないツインソウル・ツインレイ…


出逢って間もない頃、休憩時間に二人ピッタリ並んで座っていた時のこと。

ふと彼女が言った

「何で涙出て来るんだろう!?」

ふとした時に放つ、彼女の不思議な言葉…


今でもたまに思い出す。

おやすみ🌃💤

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。