俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

ツインは焦らずに…

ツインと出逢って味わう、多くの苦しみとたまに訪れる天国のような幸せ。それに共感してくれる人達や、「ツインと出逢いたい!」と思っている人達に向けて俺はこの文章を綴っている。何を書いたらいいか、まとまらなくて間が空いてしまう時もあるかもしれないが、気長にお待ち下さい。何の根拠もないけど、ツインに関しては焦っても何も進まないような気がするのだ。時間軸と関係ないエリアでツインとの間柄は進んでいるような気がしてならない。

結果を求めたいけど、あともう少しだけ現状に身を任せてみようと思う。焦らず行きましょう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。