俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

彼女と結ばれたい~執着~

俺は惚れっぽい。素敵な女性が現れると勝手にヒートアップしては相手がいようといまいとアタックし、玉砕。フラれるととても凹むけど、しばらくすると「そりゃあんな高嶺の花、俺には無理だわな」と変に納得して諦め、そして忘れる。だから、1人の女性を2年以上もず~~~~~~~~~~っと、想い続けることなんて俺の人生で一度もなかったし、こんな事は彼女以外に起こらないだろう。

こんなにも長く1人の人を想い続ける、これは「執着」なのか?もうこんな“ときめき”二度と味わえそうにないから、意地でも彼女への愛を成就させたい、彼女と結ばれたいという想いに縛られているんだろうか?どんな綺麗ごとを言っても、俺は男(オス)であり、美しい女(メス)の彼女が欲しい。抱きしめたくて抱きしめたくてたまらない。この前も仕事中、ガラス越しにほんの少しだけ見つめ合った。最近は彼女も、人目憚らず俺を見つめることはしなくなった。他に邪魔者がいない一瞬を狙って「ねぇ、今なら大丈夫よ。見て!(と言っているように見える)」と視線を俺に送って来る。今、その事を思い出しただけで興奮してしまう。

俺、彼女への「執着」捨てられそうにない…‼

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。