俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

贅沢かな?

前々回の文章だったと思うが、彼女が俺のやきもちに気づいて、他の男を調子づかせないようにしてくれたと書いた。その男となるべく一緒に行動しないようにした直後に「(別に怒った感じには見えなかったが)ねっ、これでいいでしょ!」と言わんばかりに俺を見た。嬉しいのは嬉しいけど、本音は「何でそこまでしてくれるの?」だ。1年半以上その事にイライラしていたから、やっとそれに応えてくれたのだから、こんなに嬉しいことはないはずなのに…

本来なら「どうしてあなたにそこまで気を遣わなきゃいけないの?」「あなた何様のつもり?」と言われても、俺は何も反論できない立場。そりゃそうだ、パートナーがいるのに、その彼じゃない第三者の男から「あの男にいい顔するな」とほのめかされたのだから。それなのに、彼女は俺のやきもちに一定の理解を示してくれる。そうなると俺の気持ちは「何でそこまでしてくれるの?」を飛び越えて「そこまでしてくれるってことは、やっぱり俺とのこと(ツインって)わかってくれてるんじゃん!」と、どうしても思ってしまうのだ。

いっそのこと、「あんたなんか大っ嫌い!」って言われた方がすっぱり諦められるんじゃないか?と思う事もある。(そうなったらなったでまた、「地獄に叩き落とされた!」とか言いそう(笑)。ってか俺、かなりめんどくさい男だよね…)

でも、彼女は何も言わない。俺のそんなめんどくさい所とかも全部お見通しな気がする…だから俺は彼女が大好きだし、スパッとたちきれない。

でも…、そろそろ俺から身を引かなきゃいけないのかなぁ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。