俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

アイコンタクトでチャージ!

彼女と見つめ合うとホワ~ンと幸せな気分になる。最近はなかなかジーっと見つめ合う機会がなくなって、その期間が長くなればなるほど、「つまんないなぁ~!」と遊んでもらえない子供のように拗ねた気持ちになる。昨日の午後もそうだった。

でも、帰り際最後の最後で何となく彼女を見ると、彼女も俺を見てきた。立場的・状況的になかなか以前みたいに見つめ合えない中、お互いの感覚がバチっと合わさった。二人の間に人が運悪く通ったので、長い"アイ・ランデブー"(昭和的表現!?)は叶わなかった。それでも、一瞬とはいえ彼女の瞳を見つめた俺はつんのめった。彼女の瞳の奥に吸い込まれそうになった。彼女も少し前のめりになりながら、じっとしている。

一瞬のアイコンタクトの後、あんなに寂しかったのに気分がスーっと軽くなり、元気が戻った。まるでキスでもした後みたいに…💜‼

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。