俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

夢の中のツインは…

以前見たツインブログに「夢に頻繁に出てくる相手はツインではない…!?」といったような事が書かれていた。

俺の場合はその逆というか、この2年半夢の中に彼女がほとんど出て来ないのだ。仕事している夢を見ていても、他の人はちゃんと名前が出てくるのに、あれほど愛しい人なのに彼女が出てくるべきシチュエーションでも何故かボヤーっと細身の女の人の姿が現れる。俺は夢の中で必死に名前を思い出そうとするのだが、出て来ず「なんとかちゃん…」とか言う始末。たまに顔が出て来ても一瞬で、すぐにスーっと消えてしまう。

何故彼女は俺の夢に出て来てくれないんだろうか?想いが強すぎるから?それともツインじゃないから出て来ないのか?いやいや、本当の俺の片割れだからこそ夢に出て来ないのだ!?

そう、まさに「君の名は?」


FM(NHK)でバッハの曲を聴きながら、こういう文章を書いていると不思議な心地よさを感じてしまう。たまたまそこに合わせていただけなのだが…。

別に自分にスピ能力があるとかじゃない。これには理由がある。だいぶ昔(40年位前)テレビの天気予報のBGMにバロック音楽的な曲が流れていて、子供の俺にはもちろん曲名は分からなかったが、後光が差すようなとても癒やされるいい曲だった。最近やっとその曲名が「目覚めよと呼ぶ声が聞こえる」だと分かった。今たまたまバッハを聴いて、俺は昔からこんな感じのメロディーが好きだったんだなぁと改めて思ったのだ。

後半話が脱線してすみません‼

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。