俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

強い嫉妬心、そして愚痴…

例の男となるべく喋らない、と言ってくれた彼女。でも今日また隣り合わせになって作業していた。「仕事の上での事だから仕方ない、仕方ない」と自分に言い聞かせる。俺が腹立つのは仕事が終わる間際。ほ~ら、またあの野郎彼女に近づいて喋ってる。なるべく喋らないと言ってくれたものの、真横に来られちゃシカトも出来ぬ。人にすぐ流される彼女、"俺との約束!?"もどこ吹く風…またいつもの様に相手してる。そこまではいいとしよう、でも結局二人並んで歩いて出て行きやがった!(怒)俺だと「悪い噂が流れるから…」とか言うクセに‼先を歩くあの女の後ろ姿を見てられなかった。俺は置いてけぼりにされた子供の心境だった。

やっと最近なくなったと安堵していたのに、またぞろやって来た、エンドレスの悪夢。∞

「え~っ、またこの嫌な仕打ち!?」

「もういい加減にしてくれよ!」

何故俺だけがこの強烈な嫉妬心を味わわないといけないのか?

あの女にもヤキモチを焼かせたい。でも俺のスペックじゃ無理かぁ!(泣)それがまた悔しい!いつも俺の方だけの強い嫉妬。やっぱりツインなんてもんじゃないんかな、トホホ…。

もう、本当にこんなこと辞めたくなって来た。結ばれることもなくずっとモヤモヤしたまま、ず~~~~~~~~~~~~~~~っと。もうウ・ン・ザ・リ😵

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。