俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

「瞳」とは字の如く

この前仕事中、少し手が空いたのでゴミを集めて捨てに行こうとした。彼女の所にもゴミ集めに行った。彼女は俺と一緒にゴミ捨てに行く気マンマンだったのに、俺は「一人で行けるから大丈夫だよ!」と、本心とは裏腹につい嘘をついてしまった。

そしたら、彼女の瞳が一瞬にして曇り、急に泣きそうな顔になった。その瞳はまるで幼い女の子が拗ねた様だった。俺は急に兄の様な、あるいは父親の様な心境になり、あわてて「わ、わ、分かったよ!」と返した。すると彼女はすぐに普段の彼女に戻り、少しおどけて見せた。彼女の瞳の奥底に、包み隠さない本当の彼女を見たのはもちろん初めてではないが、会話の途中で見せたのは驚きだった!あれは彼女のインナーチャイルドなのかもしれない。すごく甘えん坊で寂しがり屋の一面が垣間見えた。だんだん俺に隠さなくなった気がする。彼女の魂を包み隠してきた分厚い「氷」が少しずつ溶け始めたみたいだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。