俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

痛いの痛いの、飛んでけ~!?

仕事の関係で1週間会えない日が続いた。会えない日々も特に寂しいとかはなかった。でも久々に彼女の顔を見ると愛しさがグーッとこみ上げてきた。

朝、第一声挨拶は普通に交わした。その後仕事開始直後、向かい合わせの状態で少し立ち話。彼女はさりげなく俺の左腕にタッチしてきた。愛情のこもった優しいタッチだった。彼女がさわった辺り、実は数日前に無理をして筋肉痛になった所。何も知らないハズなのに、俺の痛い箇所を感じて「手当て」してくれた!?しかも彼女も無意識で‼

まあ、考えすぎか!(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。