俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

「もう、いいよ。」

俺と彼女は現実世界で「男と女」として、俺が望む様に愛し合い、結ばれるのだろうか?俺が想い続けることは無駄なのか?これだけお互いにとても強い想いで繋がっているのに、現実は表面上には何も起こっていない(ことにされている)。彼女には相手がいるし、別れて俺を選ぶことは普通に考えたら、あり得ない(悲)他に素敵な女性と出逢えれば、彼女を忘れられるかもしれないが、彼女との間に起こった強烈な出来事の数々を思えば、これから先もしばらくは(いや多分永遠に)彼女を忘れそうにない。

でももういい加減、些細なことで嫉妬するのとかウンザリなんだ‼

彼女が俺の腕にタッチしてくるのも、俺が怒るから気を遣ってるだけなのかもしれない、と何度も何度も思い返す。どうして旦那でも彼氏でもない、俺にそんなに気を遣ってくれるんだろうか?もういいのに、突き放してくれたら‼

「最近の君を見て改めて君の優しい性格がわかったから、もういいよ、充分だよ!」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。