俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

あと俺はどうすればいい?

俺はそうは思いたくないのだが、現実的には「別れ」が近づいている。

でも、彼女はもう俺との特別な関係に気づいている。

瞳の奥は嘘をつかない。

今でも彼女は周りに他の人がいない僅かな一瞬をついて、俺に訴える様な瞳で見つめてきたり、泣きそうな瞳で見つめてくる。俺に何か言いたそうだけど、言うと俺のツインの話を認めることになるから、とても言えない…そんな心境だろうか?

別れの時までに俺は一体どうすればいいのだろうか!?


(普段、電車に乗ってる時や、風呂に入っている時、「今日はブログにこんな文章を書こう」とか思うんだけど、いざ書くとなると最初にイメージしてた事と全然違う文章を書いてしまう。何故だろう…)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。