俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

ツインであっても、なくても

最近文章を書く気が起こらない。

もしかしたら、彼女はツインじゃないのかもしれない。でも何故かわからないけど、彼女への特別な想いは消えるどころか、ますます揺るぎないものになっている。

もうツインとか範疇付けするの面倒くさいよ。彼女との間柄が別にツインじゃなくてもいいよ。"💫♥∞"でいいよ。

もう何もかなわないから、諦めの境地なのかと言われると、そうでもなかったりする摩訶不思議な気持ち。

この先彼女との間に例え何があっても、例え何もなくても、俺は彼女を愛してる。


宇宙で一番。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。