俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

虚しさでいっぱい

もう2度と逢えないのかな。近況知りたくても、唯一の連絡手段も途絶えた。

俺の前からあの娘の気配がパッと消えていったような虚しさだ。

俺は3年近くも一体何に夢中になっていたんだろうか?

あんなに愛していたのに、あの娘は何も変わってくれなかった。業を煮やした俺の怒りにあの娘はショックを受けた。それは俺が何故怒ったのか分からないから?

最後に交わした会話は、お互いの気持ちを見透かし、傷つけ合うみたいだった。

あんなに愛していた女性とこんな形でサヨナラするなんて、死ぬまで悔いが残るよ!


彼女がツインだろうとなかろうと、こんな仕打ちはツラすぎる…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。