俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

回顧録③

今から3年以上前、彼女と初めてジーっと10秒くらいだっただろうか、見つめ合ってから、俺はあの不思議な感覚が忘れられず、彼女に視線を送ってはそれに応えて欲しいと思っていた。

見つめあうと、周りが気にならなくなる。すぐに職場の話題になった。オジサンやオバサンは俺を見かけると、聞こえよがしに「…(ヒソヒソ)…アイコンタクト…アイコンタクト!」と言っていた。「あぁ俺もしたいな、アイコンタクト(笑)」何回か聞くうちに、『俺たちの事を言ってるんだな!』と分かったが、全然平気だった。

俺と彼女が見つめ合っている時、誰も話しかけてくる者はいなかった。独特のオーラが出ていたのかな?俺(と彼女)は、この世で一番幸せな究極の「にらめっこ」が大好きだが、皆が皆ジーっと見つめあうのが好きではなさそうだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。