俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

今年(、というかこれまで)を振り返る

彼女と会えなくなって、9ヶ月。いつもなら諦めの早いこの俺が、あの娘のことが頭から離れない。一見ツラそうに思えるかもしれないが、当の本人は"それほど"でもない。もう慣れっこになってしまったのか?

「今頃言うな!」と言われるかもしれないが、実は彼女、一昨年の5月頃に、付き合っていた人と結婚した。彼女の口から直接聞くことは残念ながら!?なかったが、他の人から大分前から聞いて知っていた。結婚直前の彼女は、俺の気持ちを知ってか、俺と話す時ソワソワしていた。「…う~ん、どうしようかな…」と呟いていた。俺は具体的には訊かなかった。

でも結婚後も、回数は減ったとは言え、"目合い"や"お互いの手をさわる行為"はやっていた。

ツインの相手と出逢った時すでに彼氏がいて、その人とそのまま結婚してしまったケース。「そんなのツインじゃないよ!」なんて言う人もいるだろう。希望を捨てたくない俺はブログにははっきりと書かなかった。

今となっては、どうでもいい事だ。ツインじゃないのなら、それでもいい。

ただ確かなのは、俺が彼女のことを1日たりとも忘れることなく想っているという事実。

ただしつこく想い続けてるだけ?執着しすぎ?

もちろん、他の女の人を好きになったらそれが一番いいと思う。でも今後"あの衝撃"を超える出逢いがあるのか?その自信がない。

これを知らない人が言う。「また出逢いがあるって!」――

まあ出逢いはあるかもしれない。でも彼女のように出逢ってから悩み苦しみ、ネットを検索しまくり、やっとたどり着いたツインソウル・ツインレイ…✨あの時の腑に落ちた感覚…

こんなことがしょっちゅうあるのなら、なぜ47年間1度もなかったのだろう?なぜ俺の周りに同じ体験をした人が一人もいないのだろう?

もしかしたら俺はもうこのまま終わるかもしれない。でも不思議と絶望はしていない。彼女と出逢う前「俺の人生クソみてぇだな」と思っていたのに、その後1年もしないうちにステキな出逢いがあったのだから。今の俺が想像もつかないような"何か"がもしかしたらあるかもしれない。


――コメントを頂いた方に背中を押され、彼女への唯一のアクセス、ショートメールを久しぶりに送ってみた。ただ元気にやっていることだけ伝えたくて…。一方通行だったけど構わない。


皆様、良いお年を!🎍

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。