俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

ツインに年齢という概念は通用しないのかな?

彼女が他の男と喋っていたり、俺に対して素っ気ない態度を取ったりすると、かまってちゃんの俺は子供みたいに拗ねて、わざとそっぽを向いたりして気を引こうとした。すると彼女は背を向けた俺の背後を通るとき、さりげなく(さりげなくないか!)俺のお尻にちょんと手を当ててくる。それはまるで「もう、また怒ってるの?しょうがないわね!」と言っているようだった。あの娘の前でだけ、俺はたとえみっともなくても、子供みたいに素直になれる。全てをさらけ出せる。男として、全力で守ってあげたい愛おしい存在なのに、時に彼女にお姉ちゃんの様に、時に母親のように甘えたくなる。彼女になら、弱い自分や情けない自分、そして性的に「こうして欲しい」とかの欲求を全てさらけ出したくなる。俺の全てを見て欲しいし、彼女の全てが欲しい。


そして彼女も30歳代後半になるというのに、少女のような感性の持ち主だ。人指し指の事を「お母さん指」っていう女性なのだ。今どきちょっと居ない。実に彼女らしい‼

以前、彼女に50歳になっても60歳になっても、可愛らしい女の人でいて欲しいと言ったら、とびっきり愛らしい笑顔を見せてくれた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。