俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

回顧録④

ある週末の仕事終わりに、事務所の近くであの娘とすれ違った。その少し前に仕事場で別れる時にも挨拶を交わしたのだが、彼女をもう一目見たかった俺は、いつもは通らないわざとすれ違う通路を選んだ。俺は彼女に「お疲れ様!」と笑顔で挨拶した。すると彼女は、嫌な顔をして、フン!とそっぽを向いた。しつこかったのかもしれないが、この仕打ちは俺を凹ませ、次の日からのせっかくの3連休はずっと落ち込んでいた。

休み明け彼女を見るとツラくて、俺は目を合わせないようにしていた。そんな俺を見て、彼女は何かを感じたらしく、作業の合間に俺をじっと見つめ、俺が作業で使うリモコンを意味もなく触ってきた。俺は突然の事で戸惑いつつも嬉しくて、これまた意味もなく仕事の話をした。

暗幕の中の自分の作業場に戻り、魂をグワングワン揺さぶられて一人で泣いた。目が充血していたのだろうか、隣の作業場の女性に怪しまれた。目薬を差したふりをして誤魔化したが、バレバレだったかな!?(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。