俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

11・11 ポッキー、いやツインの日

相手との関係が急速に進展したなら、それはツインレイじゃないとか、相手への執着が無くならなければ、魂が成長していないから、相手との"統合"はない…など色々言われている。

宇宙全体から見て、今ツインの世界はどんな現状なのか?自分の今の状態や他の方のツインブログを見ていても、「うらやましいな!」と思う様な展開になっている人は見受けられない。「自分と向き合え」とか「周りの全ての人や物に愛を!」とか、精神論的なものが多いようだ。

もちろんそれも大切だと思うけど、目に見えるハッキリと実感が湧く幸せを俺は感じたい。そう、他に何も要らない、ただ相手のツインがすぐ横にいて、ピッタリとくっついていたい。

ただそれだけでいい!――

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。