俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

出逢った頃

よくツインソウル(ツインレイ)と出逢うと懐かしい感覚になる、と色々なツインブログに書いてある。

俺が彼女と出逢った時、さすがにそこまでは思わなかったが、初めてちゃんと会話するのに何の前置きもなく、いつもしゃべっている友人の様に「…でね!、」みたいな感じで会話が始まった事をはっきり覚えている。

ツインレイ(以降"ツイン"と表記)に限らず、人間はどうしても好き嫌いがあるので、少し話をしただけでも、「この人話しやすいなあ」とか、逆に「なんかこの人とは合わないなあ」などと瞬時に思ったりする事がある。

この世に色々な人々がひしめく中で、ツインは究極に波長が合う間柄なんだろうなと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。