俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

強烈に視線感じて…

説明が遅れたが、彼女は俺の職場にやってきた。

ある日、休憩中に横から誰かの強い視線を感じて、その方向を見ると、彼女だった。俺は「あっ、どうも!」みたいな感じで会釈した。

その数日後また横から強い視線を感じ「まさかそうそうあるまい」と思いながらも、ゆっくりそちらに目を向けると、また彼女が俺を見つめていた。

俺が挨拶すると、彼女は何とも言えない穏やかでにこやかな表情で、何も言わずにコクッと会釈して去って行った。

俺はフワーっと何とも形容し難い幸せな気分になった。その瞬間から彼女の虜になった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。