俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

俺が好きな手のふれあいの話

彼女は俺に気を遣って、俺の前で俺が嫌いな男となるべく喋らない様にしてくれている。嬉しい反面、無理させている様で申し訳ない。もしかすると、俺が怒りや悲しみの気持ちをモロに顔に出してしまうので、それが嫌だから、そうしてくれているのか?

本当は面倒くさくて、重たい俺が大嫌いだったりして…!でも、仕事中の何気ない瞬間に俺の手を触って来たりするのは何故?少しシットリしている俺の掌を気にもせずに触れてきた、以前よりも大胆に‼(掌って何か性器に近い感じもして、ある意味いやらしい💜)手と手のふれあいはもう何度もある。そう何度も無意識に触るって事はあり得ないはずで、俺はもちろん、彼女もこのボディータッチというか、スキンシップの"ただならぬ感じ"に気がついているに違いない。

まぁ、彼女は嫌いじゃない男には誰にでもこのボディータッチをしていて、俺もその中の一人に過ぎないのかも…。

その"手と手のふれあい"をしている時に「ほらまた触ってる!」「なんで触るの?」とか訊きたいのに、何故かいつも"エネルギーチャージ"している時は二人とも固まってしまい、何も口にしない、というか身動きができない。彼女に触れられた瞬間「あっ、触ってる💜」と思うんだけど、何かフワーっと幸せになると同時に一瞬だけ身体が"フリーズ"してしまうのだ。別の時間にその事について二人で話したことはまだない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。