俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

彼女はツインって最初から知ってた!?💫

ツインレイと出逢うと相手を通じて「自分自身」と、とことん向き合わなければならなくなるようだ。しかも大抵自分の嫌な部分とだ。

ここ最近俺は彼女に対して、穏やかな気持ちを抱いていた。でも宇宙は何故か、俺にそんな気持ちで居続ける事を許さない。俺の嫌いな例の男、そう彼女に惚れてる癖に玉砕する覚悟もなく、ダラダラデレデレつきまとう、いけ好かないアイツだ!

あの野郎、本来なら仕事で直接関わることはないハズなのに、ゾンビの様にあの娘につきまとう。例えば、自分の仕事が片付いて手が空いて、あの娘の仕事を手伝いにきたりとか…俺にしてみりゃ「何でお前がそこに居るんだ(怒)‼」ってシチュエーション。彼女も嫌ってはいるのだが、仕事を手伝ってもらう以上、無下に扱うこともできず、結局愛想よくなり、無神経な野郎は調子に乗り、最後は意気揚々(笑)一体俺は、何度このくそ腹立つ光景を見させられるのか?宇宙は何故、何度も何度も俺に嫉妬をさせるのか?俺はそこから何かを学ばなければならないのか?もういい加減、あの娘を諦めなければならないのか?でも、どうやって諦めたらいいのか!?

そんな気にしている俺を彼女は、またジーッと見つめてくる。彼女はもう、俺との特別な「何か」に気づいている。でもそれが「ツインレイ」とは思っていないかもしれない、いや思いたくないのかもしれない。だいぶん前、俺が悩んだ挙げ句、彼女をツインじゃないかと思うに至った時、一度だけ彼女にツインソウルの話をしたことがある。彼女は「ツインとか、そういうの大嫌いで…!」と一蹴。俺はその後何も言葉が続かなかった。でも、彼女はツインソウルを知っていたのだ。俺がその少し前に「爪の形がソックリだね!」と言うと、彼女は何故かあわてて爪を隠した。まるでそれに気づいてて、それを認めたくないかの様に!今思えば不思議なやりとりだった。彼女は今俺に何を思うのか、知りたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。