俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

いつまで続くの?

俺が彼女に夢中になってもう2年以上になる。我ながらよく続いたなあと思う。しかし世の中のツインを想い続けている人達の中にはもっと上がいるようだ。

ツインとおぼしき人と出逢ってしまった人達はそのほぼ全員が「もうこの辛い現実から解放してくれ!」と思った事があるはずだ。俺もたまに「もうこんなどうでもいい事早く終わってくれよ!」と思うもの。だって、こっちが想い焦がれて、「俺とジーっと見つめ合ったよね!」とか、ツイン的な事を匂わせて告白しても「ごめんなさい、全然覚えてない!」とか言うんだぜ!それでいて、俺が感極まって「ホントに何も覚えてないの?スッゴい悲しいわ…」と言ったら、しばらくして胸に手を当てて今にも泣きそうな顔するんだぜ!そんな娘、好きにならずにいられるかい?

ツインと出逢うとジェットコースターのような気分を味わうと言うけど、俺に言わせりゃ天国2:地獄8って所かな!(苦笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。