俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

何かに気づいているはずなのに…

彼女とはしばらく逢えない。今度いつ逢えるのか?

だもんで、俺と彼女の直接のやり取りをこのブログの"ネタ"にすることが出来なくなった。

これからはしばらく、今までの彼女との出来事の振り返りや、俺の内面的な所が話の中心になると思う。また、他の方のツインブログの話題に呼応する感じの話題がこれまで以上に多くなりそうだ。


――ある方のブログに「ツインの二人には二つのタイプがある。」とあった。

「一つは配偶者やパートナーとツインの相手を分けて考えられるタイプ。」

「もう一つはツインと出逢うと、何もかもかなぐり捨てて、ツイン一筋になってしまうタイプ」だそうだ。

彼女は前者、俺は後者(笑)。

彼女は決まった相手がいるのに、俺と交わす秘密のテレパシーを楽しんでいたようだ。でも、その事を決して口外しない。それが俺をイライラさせる。

彼女にしてみれば、「それはそれ。ただそれだけでいいじゃない、それ以上何を求めるの?」といった所か!

かたや俺にしてみたら、その、まるでテレパシーでセックスしたみたいな心地よさを味わせておいて、顕在意識で何もなかったかの様に振る舞うなんて信じられない‼という心情だ。これじゃあ、二人はいつまで経っても結ばれないじゃないか!

彼女と俺の認識の違い、どうしたら解消するんだろうか?何時か彼女が"降伏"する日が来るのだろうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。