俺のツインレイ~瞳の奥は嘘つかない~

2014年の5月の終わりに出逢って以来、俺にとってずっと特別な存在のツイン!?の彼女。日々思うことを綴ります。

ツイン論がつまらない、物足りない?

彼女と(男と女として)結ばれるという夢は今現在、現実的には相当厳しい。かといって、俺が今の職場を去って彼女との関係を絶ちきればいいのだが、なかなか踏ん切りがつかない。つまり、前にも後にも進めない状況なのだ。俺はどうすればいいのか。ツインの試練ってこんなものなのか?というか、俺と彼女はツインでも何でもないのか?じゃああのたくさん起こった摩訶不思議な出来事たちは全てたまたま偶然に起こった事だというのか?

正直な所、ツイン論なんて誰にも理論的・学術的に説明なんてできないんじゃないか?

彼女と出逢って、訳が分からなくてネットで検索しまくり「ツインソウル・ツインレイ」にたどり着き、その時はありがたいと思ったし、今も感謝している。

しかし、今現在俺の心を惹き付け、見ていてワクワクする様なツインブログがないのだ。自分と似たような境遇で、追いかけて見続けていたブログ主の方が相手との関係が終わったのか、更新されずにそのままになっていたり、ブログそのものが消えていたり…

俺は別にその事を責めているのではない。同じような立場だから、その背景を勝手に想像し、「大変だったんだろうな、お察しします。」ってな心境になるし、寂しい。

何よりもつらいのが、ツインと出逢って、たとえ色々あっても最終的に結ばれた事例をほとんど聞いたことがない、という事。この事実をどう受け止めればいいのか。ツインっていう、雲を掴むような『もの!?』に首を突っ込んでしまった以上、もう何も知らなかった自分には戻れない。それなら知らない方が幸せだったのか?しばらく時が経てば、青春時代の恋愛の様に忘れられるのだろうか?ほとんどの人が体験しないであろう、このツインという「試練」をわざわざ体験するために「寄り道」しているのかな?もうそんな余裕、俺にはないんだけど…!(苦笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。